雑な自己処理で恥ずかしい思いをしました

私は子供の頃から毛深くて、それが悩みの種でした。今は医療レーザー脱毛をしてツルツルになりましたが、ムダ毛のせいで恥ずかしい思いもたくさんありました。(ちなみに、私はこのサイトで地元神戸の医療脱毛クリニックを調べました!)

大人になってからは、かみそりや脱毛器、毛抜きなどで自己処理をしていたのですが、もともとズボラな性格なので、特に冬は長いパンツをはいて、トップスも袖の短めの服は選ばずに、肌を見せないようにして、自己処理をお休みしていました。

もちろん、冬の間はたくさん毛が生えて、とても人には見せられない状態です。でも、服を選べばバレることはありませんでした。

ある日、急に知り合いのお通夜に行かなくてはならない事がありました。

急いで準備をして、黒のストッキングをはいたところ、黒のストッキングならむだ毛は目立たないかなと思っていたのですが、すごく良く目立つことに気づきました。そこで、時間がない中で焦りながら、家でカミソリを使ってむだ毛をそり、家を出ました。

会場について、間に合って良かったとホッとしながらトイレに入り、身だしなみをチェックすると、足にところどころ剃り残しがあり、特に後ろ側のふくらはぎのあたりは、かなりいい加減に剃っていたことがわかりました。

やってしまった、と恥ずかしい気持ちになりましたが、今さら家に帰ることもできませんし、もちろんもう一度剃る時間も場所もありません。

なるべく知り合いに会いませんように、と願いながら、かばんで足のあたりを隠しながら、壁の近くを目立たないように歩いていました。家に帰るまでは自分の姿が恥ずかしくてしかたなかったです。

それ以降は、足を出さないといけない時には、忘れがちな後ろ側のふくらはぎや、ひざの周りなども念入りにチェックするようにしています。黒のストッキングは、意外とむだ毛が目立ちます。それも素足の時よりも目立つような気がします。

お肌の透けない厚めのタイツの時は大丈夫だと思いますが、薄めのタイツでも同じようにむだ毛が意外と見えてしまうことがあるので、きちんと家を出る前に全身をチェックをすることが大切だなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です